競馬必勝法でも勝てる?幅広い活用法とその勝率のまとめ

舟券の面白い買い方10選では、他のサイトでもよく紹介している蛭子買いや定番のコロガシだけではなく、競馬で人気の金丸法の応用などを幅広く紹介しています。1号艇外しや6号艇外しはコース別の勝率データを添えているので、競艇予想(買い目の算出)にお役立てください。

舟券の買い方

一発逆転を狙う人形

今回のコラムでは、舟券の基本的な買い方ではなく、特殊な買い目の算出や運用を行う手法を紹介いたします。
購入場所や券種など舟券の買い方についての基礎知識を知りたい方はコチラをご覧ください。

目次

今回紹介する競艇の面白い舟券の買い方は以下の10種です。

  • コロガシ
  • 1枠に入った時の勝率が高い
  • 蛭子買い
  • こじき買い
  • 1番人気外し
  • マーチンゲール
  • ポンコツの反対投資法
  • 合致法
  • 1号艇外し
  • 6号艇絡み
  • 金丸法

競艇の面白い舟券の買い方で、これだけ豊富な手法を紹介しているサイトはほかにありません。
ぜひ最後までご覧になってください。
なお、マーチンゲールなど資金配分系は応用した手法が多数存在しています。面白い舟券の買い方10選の中で気になるものを見つけたら、ご自身で応用して頂いても問題ありません。

コロガシ

多くの競艇予想サイトが使っている定番の手法です。
コロガシは1レース目で当たった配当金を次に予想するレースの軍資金に回す方法です。
簡単にまとめれば2連勝して大きな利益を目指す方法で、的中率が高い競艇はコロガシとの相性が良いです。

・例
1万円の舟券を買って的中して3万円の払戻 → 2レース目に3万円分の舟券を買って的中して9万円の払戻を受け取る
1万円の舟券を買って的中して3万円の払戻 → 2レース目に3万円分の舟券を買ったが不的中で0円になる

蛭子買い

競艇好きで有名な芸能人「蛭子能収」が生み出した手法で、3連単BOXを「1256」「235」「245」の計36点を買う手法です。
何も考えずに同じ買い目だけで買う流れで、大半のケースはトリガミになります。
穴舟券が出れば高確率で的中する理論で、定番の「123」、「124」の組み合わせをしていないのがポイントです。
実際の所、全レースを蛭子買いをすればマイナスになるデータが出ていますが、荒れそうなレースに絞り込んで投資すれば回収率100%超えのチャンスがあります。

こじき買い

3連単の人気上位10通りを全て買う方法です。
大半はトリガミになってしまいますが、本命を当てることで軍資金が0になるリスクを減らしながら、運良く6~10番人気の組み合わせになった時に利益を伸ばす仕組みです。
ある意味、蛭子買いと真逆の性質を持っていて、大波乱の起きる要素が低いレースに絞り込んで運用すれば効率的です。
できれば、1番人気決着がガチガチのレースを除外すると良いでしょう。
実際に購入している人が多い買い目に便乗して買う手法から「こじき買い」と名付けられました。

1番人気外し

名前の通り1番人気を外す手法です。
ちなみに競艇で圧倒的に有利な1コースの3着内率は約90%です。競艇は1場につき1日12レース行われるので、1~2レースは1番人気や1号艇が舟券に絡まない計算です。
その日のレースの中で1番人気の信頼性が低いレースを絞り込んで挑戦するとよいでしょう。
1コースは9割の確率で3着以内に入る特性を活用して、そろそろ波乱が起きそうなタイミングで投資する方法もおすすめです。
たとえば波乱が多い第1レースで直近9日以上連続で1番人気が3着以内に入っていたら1番人気外しをして、その後は1番人気が3着以内を外すまで続けるといった方法など。

マーチンゲール

代表的なのはカジノのルーレットなどオッズ2倍のもので実践する手法です。
マーチンゲールはオッズ2倍の配当を対象に不的中だったらロットを2倍に増やしていくものです。
たとえば100円から始めたら200円→400円→800円→1,600円・・・と増やしていきます。
大きな連敗をしなければ利益を出せる手法で、マーチンゲールの他にも資金配分を調整した幅広い手法が存在します。
競艇の場合はオッズ2倍でも的中率50%以下になるので、単純なマーチンゲール法は相性が悪いので注意してください。

ポンコツの反対投資法

予想が全然当たらない素人やパフォーマンスがずさんな予想ソフトの買い目とは異なる内容で舟券を買っていくものです。
一例として、2コースが2着内に入る確率は約40%なので、2号艇が舟券に絡むと思ったら外す、4着以下になると思ったら2号艇を絡めた舟券を買うといった流れ。
競艇は券種ごとの総組み合わせが少ないので、幅広い活用法があります。

合致法

自分の予想、複数の予想ソフト、競艇場の予想屋、競艇予想サイトの無料予想など、複数の予想で出た買い目の中で複数の合致が出た時だけ買う手法です。
合致がない時はそのレースは見送る流れになり、1日の中で舟券を買うレースを絞り込んで勝負したい方におすすめです。

1号艇外し

1コースの勝率は約50%、2連対率は約80%、3着内率は約90%です。
1号艇が舟券に絡まないと思ったレースを見定めて勝負することで効率よく穴舟券を狙えます。
1番人気外しと似ていますが、1号艇が1番人気以外の時に活用すると1番人気外しより的中率が高くなるなど、若干異なる特性を持っています。

6号艇絡み

1号艇外しや1番人気外しと似ていて、舟券に絡みにくい6号艇を絡めた買い目にすることです。 参考までに6コースの期待値は以下の通りです。

1着率:1~3%
2連対率:6~10%
3着内率:15~30%

6コースの成績は競艇場によって大きく変わってくるので、各種データをチェックしてください。
6号艇絡みは基本的に6号艇を1着軸にはしません。

金丸法

金丸法はもともと複勝コロガシ競馬必勝法として生み出されました。
本来は競馬でオッズ1.5倍以下の複勝で実践しますが、競艇の場合は単勝や拡連複(拡大2連勝複式)を活用して応用できます。
金丸法の仕組みはオッズ1.5倍以下を3連続で外すことはないと期待して、資金を「1.3.9」の割合で増やしていきます。
定番の方法は1回目は1,000円、2回目3,000円、3回目9,000円で、的中したら1回目の金額に戻します。
オッズ1.5倍前後の買い目に投資しないと損失の出る恐れがあるので注意しましょう。