1秒過ぎた時点でスタート事故!0.01秒を争う競艇選手

競艇のフライングと出遅れは、対象選手の舟券が返還される措置が取られていますが、売上に影響を与えることから選手には厳しいペナルティを科しています。選手側のリスクや、選手によって異なるリスク許容度を理解することで競艇予想が有利になります。

フライングと出遅れ

TIMEの文字と時計

競艇は先行してレース運びをする優位性が非常に高く、好スタートを切って最初の1マークをトップで通過すれば高確率で勝つことができます。
また、公営競技の中では唯一、助走を取りながらスタートラインを通過するフライングスタートを採用しています。
当然、フライングをすれば失格になり、大きな出遅れをした場合も上位に入ることが難しいです。

スタート方式が特殊で重要性が高い競艇では、フライングと1秒以上の出遅れをした選手は失格扱いになり、その選手の絡んだ舟券が返還されます。
舟券購入者には優しいルールですが、選手はフライングや出遅れを起こすと売上が減少する問題から、厳しいペナルティが科せられています。
単純なルールだけではなく、フライングと出遅れの履歴から予想に役立つこともあるので、選手側の罰則や心理もしっかり把握しておくようにしましょう。

理想的なスタートとは

紹介している通り、競艇はスタートでフライングや1秒以上の出遅れをした選手は失格になります。
つまり、0.00秒から1秒未満の間にスタートラインを通過しないといけません。
フライングや出遅れなどのスタート事故を起こさなかったとしても、1秒に近い所でスタートを切れば上位に入るのは困難で、競艇選手は0.01秒単位の戦いをしています。

競艇のスタートタイム(ST)の目安
0秒より早い フライングで失格
0.00秒~0.15秒 絶好のスタート、ST常連のプロ選手は平均ST0.15以下の選手も
0.17秒以下 この水準を下回る平均STだとスタートが得意な選手だと評価される
0.30秒以下 ライバル選手のスタート次第で十分戦える水準。コースが良ければトップを堅守可能
0.60秒以下 1コースでもこの水準になると外枠の選手に刺されるリスクが高まる。
0.61秒~0.99秒 ペナルティは取られないが上位に入るのが困難な水準
1.00秒以上 出遅れで失格

競艇ではスタートタイムのことを「ST」と呼び、選手ごとに一定期間の平均STタイムが公開されています。
平均STタイムでスタートが得意かどうかをチェックするほか、スタート展示からも距離感を掴めているか確認しましょう。

スタートタイムが全てではない

競艇のスタートは助走を取るフライングスタートになるため、いち早くスタートラインを通過してもスピードが乗っていなければ意味がありません。
選手によっては、フライングを起こしそうだと感じたらスロットルを緩める場合があります。
適切な助走距離からフルスロットルで加速して好スタートを切れるかどうかは、レース前に行われるスタート展示で確認しましょう。
事故歴があってスタート展示でフライングしている選手は、フル加速をしない調整をしてくるケースもあります。

スタート事故のペナルティ

レッドカードを出す男性

フライング(F)や出遅れ(L)による選手事由によるスタート事故を起こした場合、選手は以下のペナルティを受けます。

一定の期間に1回でもあれば当該出場節の賞典レース除外
同一出場節2回目は即日帰郷
0.05秒以上早いタイミングのフライングは「非常識なフライング」として1回目でも即日帰郷
1回目のスタート事故を起こしてから100走以内に2回目を起こすとスタート再訓練
1回のフライングにつき20点(優勝戦は30点)の事故点が加算され、一定の事故率になると階級が下がる(事故率0.7以上でB2級へ降格)
一定期間内のフライング回数によって30~180日の出場停止処分(1回目でも30日の出場停止)
フライング事故があまりにも多い場合は引退勧告されることも
G2以上の重賞の準優勝戦・優勝戦でのスタート事故は、一定期間は特定の重賞に出走できない

スタート事故のペナルティは回数や事故を起こしたレースによって変わってきます。
ポイントになるのは、直近でスタート事故を起こしている選手は再度スタート事故を起こすリスクが高くなることです。
具体的にはスタート再訓練の基準になる直近100走以内の事故や、階級の決まる半年ごとの期間(5月1日と11月1日が基準日)のフライング回数・事故率などがあります。

次にフライングや出遅れなどのスタート事故を起こすと重たいペナルティを受ける選手は、守りに入ったスタートを切ることが多いので注意しましょう。
このほか、重賞の準優勝戦以上ではスタート事故のペナルティが重いため、スタート展示で大幅なフライングや出遅れを起こしている選手には注意が必要です。
また、一部のトップ選手は休みが少ないので、長期休暇を得るために意図的にフライングをして30日の出場停止処分を受けようとする場合があります。

このように、競艇予想では選手がどれだけフライングや出遅れのリスクを背負えるかを見極めることが重要です。
守りに入る選手だけではなく、フライングリスクを顧みずに捨て身の勝負を仕掛けてくる選手まで分析できるようになれば、穴舟券を射止める可能性が高まります。
競艇予想サイトは選手ごとの事故率や履歴、リスク許容度などを細かくデータ管理して予想に役立たせているため、驚異的な的中率を確保しています。