「海水」「淡水」「汽水」それぞれ異なる競艇場の水質

水質の違いは、海水だと塩分濃度が高くて柔らかい水になるので重たい選手やモーターの出力が弱い選手でも結果を出しやすいです。淡水は塩分が含まれていなくて水質が硬いため軽くて高出力のモーターが有利です。汽水は双方の中間で競艇場ごとの違いが大きいです。

水質による違い

海水の波

競艇場(ボートレース場)は場所によって、海水、淡水、汽水(双方の混ざったもの)など水質が異なります。
水面の波で影響が出るのは簡単に理解できますが、水質が変わるとどのような変化が出るのでしょうか?水質の影響では塩分濃度と水の硬さが関係しています。

海水の特徴

海水は塩分濃度が高いです。塩分濃度が高いほど浮力が増すため、体重の重たい選手が有利になります。
競艇は男性50kg、女性47kgの最低体重があります。
最低体重を大幅に超える選手は少ないですが、男女で最低体重の違いがあるため、女性に不利な水質だと捉えられます。

また、海水の競艇場は海に隣接していて、潮の満ち引きの影響を受ける特徴があります。
潮が満ちるほど波が立ちやすくなり、全般的にプール水面に比べてコンディションが荒れやすいです。

淡水の特徴

淡水は水を含まない水質で、人工プールや一部の河川を活用したボートレース場の水質です。
塩分を含んでいないため、海水に比べて浮力が少なく重たい選手は不利になります。
また、淡水は海水や汽水に比べて水質が硬くなります。
水質が硬いと走行中の抵抗が大きくなり、スピードを乗せて走るほど抵抗を受けにくくなります。

ギア付きの自転車で重たいギアにすると、低速から加速するのは大変ですが、ある程度スピードを乗せれば少ない力で漕ぎ続けることができる原理と同じです。
水質が硬いほどモーターの出力の差が表れやすくなるので、ボートの抽選やペラの調整状況が重要になってきます。
淡水のコースでも競艇場によって水質の硬さはわずかに変わってきます。

汽水の特徴

汽水は淡水と海水が混ざっている水質で、河川や河口付近の水を利用した競艇場で見られます。
汽水は場所や潮の満ち引きによって塩分濃度が変わります。
特性は海水と淡水の中間になりますが、ボートレース場によって特性が大きく変わります。
淡水で有名なのは浜名湖、江戸川、福岡があり、浜名湖の場合は走りやすいことで有名。江戸川と福岡は難水面と言われています。

おわりに

水質の違いは重やモーターの性能に影響が出ます。
選手によって好き嫌いがあります。また、水質だけではなく水面の荒れやすさも競艇場の水源によって変わってきます。
選手ごとで競艇場によって得意・不得意があるので予想するときはボートレース場ごとのデータを見る必要があります。
モーターは競艇場ごとに用意して抽選で決まるので、モーターの成績を見ればその競艇場で強いのか弱いのかを判断できます。

このほか、体重を見ることで硬い水面と柔らかい水面の優劣を判断できます。
重賞や交流戦など、幅広い地域の選手が集まる場合は水質の適正を判断することが大切です。
ただし、枠順や選手の実力(ランク)に比べると優劣の差が出るのは僅かです。

重たい選手やハズレモーターは無条件で買い目から外すといった大胆な予想をするのではなく、他の予想要素にプラスアルファとして水質の適正を加えるようにしましょう。