なんと70年近く!意外と古い日本の競艇の歴史

競艇の歴史は1952年に開催された大村競艇場が初の公営競技です。海外を含めた公営競技以前のモーターボートの歴史や、海外の競艇の有無や歴史、現代におけるルール変更などの詳細をまとめました。競艇は競輪、オートレースと並んで戦後の財源確保を目的に競馬を模して始まった経緯があります。

競艇歴史

歴史を表す時計

競艇は日本だけで見ても70年近い歴史があります。
世界で初めて競艇が行われたのは1861年にパリ・セーヌ川で行われたモーターボートレース。
国内では1951年6月18日に公布されたモーターボート競走法制定を受けて1952年4月6日に大村競艇場で公営競技として初開催されました。

公営競技になるまでの歴史

1961年に世界初のモーターボートレースがパリのセーヌ川にてルノアールのガスエンジン搭載ボートで行われました。ガソリンエンジンを搭載したボート競技はドイツのゴットリープ・ダイムラー(15馬力エンジン)が世界初と言われています。
1904年には世界で初めての国際レースがイギリスで行われ、その後はアメリカにも広がったと言われています。

国内では1931年7月26日に、隅田川で「第1回船外機艇競走大会」がアマチュア競走として開催されたのが最も古い歴史です。
1932年には品川台場を発着点にして国内初の長距離耐久競走(56.1km)が開催されました。
1950年5月に、神奈川県逗子海岸と江戸川で日米対抗の「逗子モーターボートレース」を開催し、これを元に現在の競艇が構築されたと言われています。

翌年1951年6月18日にはモーターボート競走法制定公布。同年10月3日に大村選手養成所で選手養成開始し、11月28日 社団法人全国モーターボート競走会連合会設立認可と急ピッチで進められていきます。
1952年3月17日に第1回選手資格試験が大津で実施されたので、大津が国内最古と呼ぶ声もあります。
公式競走では、1952年4月6日に長崎県の大村競艇場で初開催されました。

海外の競艇事情

古い歴史を見ると、専用コースを周回する現在の競艇スタイルではなく、海や川を使った競技が起源になっています。
ヨーロッパやアメリカの方が古い歴史を持っていますが、公営競技として競艇が行われている国は日本の他に韓国しかありません。
競艇は、戦後の日本で復興期に財源の乏しい自治体の収入を得るため、競馬を模して実施された経緯があります。

つまり現在の競艇は世界で行われていたモーターボートレースを日本でオリジナルの公営競技に発展させた歴史を持ちます。
隣国の韓国では日本の競艇を真似して1991年に国会成立。1988年に行われたソウルオリンピックのカヌーとボート競技の会場を改修し、2002年6月にミ沙里漕艇競技場で初開催されました。

その他の公営競技の歴史
  • 競馬 → 1860年9月に横浜の外国人居留地で馬券を発売する競技として初開催、1923年7月に旧競馬法が施行で合法化(公営競技)、戦後の1946年に再開
  • 競輪 → 1948年11月に福岡県小倉市(現北九州市)で初開催
  • オートレース → 1950年10月に千葉県船橋市

4つの公営競技の中で、1952年初開催の競艇はもっとも歴史が浅いですが、競馬以外は戦後の財源確保を目的に競馬を模して開催した共通点があるため、戦後まもない時期に初開催した歴史を持っています。

日本の競艇の歴史

1952年  大村競艇場で初開催
1953年  若松競艇場で第1回全日本選手権競走を開催
1961年  フライング艇に対する返還欠場が実施
1985年  平和島で初の電話投票を受け付け開始
1988年  グレード制導入、持ちペラ制導入
1997年  桐生でナイター初開催
2000年  3連単導入
2001年  やまと競艇学校開設、ネット投票開始
2002年  スタート展示を実施
2010年  宮島競艇場で減音モーター導入
2012年  新プロペラ制度導入(持ちペラ制廃止)

競艇の歴史は古いですが、3連単や貸ペラ制などが導入されたのは2000年以降で、ルールや方式を変えながら進化してきた歴史を持ちます。
ただし、周回数やスタートルールなどの基本は1952年の初開催以降に大きな変更はありません。