ボートレースびわこ-競艇場としての特徴と開催レース

びわこ競艇場(ボートレースびわこ)は滋賀県大津市の琵琶湖南西部にある湖を利用した競艇場です。波が立ちやすい特性があり、インコース不利のコースです。リアルタイムの水面の状態と選手の波乗りテクニックが予想のカギです。

びわこ競艇場の基本情報

びわこ競艇場のトップページ画像

びわこ競艇場(ボートレースびわこ)は名称の通り、滋賀県にある琵琶湖を活用した競艇場です。
場所は大津市にあり琵琶湖の南西部にあります。
電車でのアクセスは大津駅より無料送迎バス7分、大津市役所前駅より徒歩10分、大津京駅からは徒歩13分か無料送迎バスで5分です。 遊覧船の発着する大津港と隣接していて、世界最大級の噴水・びわこ花噴水はレース場からも望むことができるなど、周辺観光も楽しみやすい立地です。
施設は広いですが、少し老朽化を感じていて有料席はコンセント、フリードリンクなどがありません。

付帯サービスは少ないでずが、全体的にどこからでもレースをゆったり観戦できます。
舞台では選手のインタビューをはじめ各種イベントをしていますが、舞台自体は狭く観客は純粋に予想とレース観戦を楽しんでいる方が多いです。
観光地にある立地が集客してくれるので競艇場内の特別感を少なくなっているのでしょう。

びわこ競艇場の特徴

湖を直接利用した競艇場で水質は淡水です。
海抜85mで気圧が下がるため、ほかの競艇場よりモーターの出力が落ちる立地です。
季節や開催日によって変化する水位や、湖によって幅広い方向から受ける風、観光船による波の影響が出るなど難しい要素の多いコースでターンを流されやすく以前は全国屈指のイン側が難しいコースとして有名でした。現在は出力低減モーターを採用して、インコースのメリットが以前よりも高まりました。

コース別成績
(2017.9.1~2018.8.31)

勝率 1着率 2連対率 3連対率
1コース 7.34 47.2% 65.9% 74.8%
2コース 5.82 16.4% 43.6% 61.3%
3コース 5.29 14.2% 33.6% 53.1%
4コース 5.22 14.0% 31.1% 51.8%
5コース 4.00 6.0% 16.9% 34.1%
6コース 3.33 2.2% 9.3% 25.8%

1コースの1着率は47.2%で全国平均を下回ります。
2マークにくらべて1マークが外側に振られているので、同体で入ったらセンター、アウト側が有利になります。
向かい風6m以上になると1コースの1着率は31.9%、2連対率44.6%まで落ちてしまうので注意しましょう。

追い風6m以上でも1コースの1着率は44.4%なので、モーター出力が弱くなる特性から風が強くなるとイン側が不利になります。 特に春先に北西から風が吹くと、目に見える波のうねりがコース全体に広がるため、びわこを得意にする選手は「びわこ巧者」、「波乗り巧者」と呼ばれています。 モーターの入れ替え時期は6月で、モーターの出力差も重要な予想指標です。

参考元:http://www.boatrace-db.net/stadium/ccourse/pid/11/

主な開催レース

  • 周年記念(G1)  びわこ大賞
  • 秩父宮妃記念杯(G2) 例年4月頃開催
  • 企業杯(G3)   キリンカップ

SG開催実績

1957年 第3回モーターボート記念競走
2003年 第6回競艇王チャレンジカップ競走

びわこの定期開催レース
季節ごとの特別競走

・新春滋賀県知事杯争奪戦競走(正月)
・ビナちゃんカップ(ゴールデンウィーク)
・びわこカップ(お盆)