ボートレース児島|コース別成績と競艇場としての特徴

児島競艇場は岡山県倉敷市の瀬戸内海を活用したボートレース場です。インコース有利なコースですが満潮時で波が出ると波乱が起こりやすくなる万舟券を狙う方法、アクセスやグルメ情報を紹介しています。基本は内枠有利ですが、内枠と有力選手に人気が集中することや広くて攻めた走りをできる環境によって万舟券を効率的に狙えます。

児島競艇場の基本情報

児島競艇場のトップページ画像

児島競艇場(ボートレース児島)は岡山県倉敷市南部の児島にあるボートレース場です。
ちなみに児島とは離島ではなく瀬戸大橋が通っている半島のことで、瀬戸大橋を渡れば香川県のボートレースまるかめがあります。
1952年に琴海浜に開設された歴史を持ち、入場料不要で舟券が購入できる外向前売投票場「ポートウィンク」を併設しています。

アクセスはJR児島駅から無料バスで5分ほどです。海沿いにあるので近隣では新鮮な魚介類を扱う飲食店が多数あります。
5階建ての広くて大きいスタンドがありますが、少し年季が入っています。
施設内には屋内500人収納大型イベントホールがあり、抽選会の人気が高いです。
女性子供ルームに屋外子供用遊具が併設された「ガァ~コランド」や女性カップルシートなど、古い施設なりに女性や子供が利用しやすい環境を提供しています。

児島競艇場の特徴

瀬戸内海の海水を利用したコースで水面は海、水質は海水です。
競走水面の広さは全国屈指で、干潮時は水面が穏やかになり満潮になると荒れやすくなります。
特にバックストレッチが広いのでアウトコースでもダッシュからの高速ターンでうまく上位に入り込める余地があります。
追い風の満潮時は差しが決まりやすく万舟券の発生率が高まります。

コース別成績
(2017.9.1~2018.8.31)

勝率 1着率 2連対率 3連対率
1コース 8.04 57.4% 75.2% 83.3%
2コース 5.61 13.9% 40.8% 57.6%
3コース 5.16 11.1% 30.1% 52.0%
4コース 5.06 9.8% 30.2% 51.9%
5コース 4.13 5.9% 17.5% 36.4%
6コース 3.02 1.8% 7.4% 20.4%

データで見ると1コースの有利が顕著に現れています。
重賞になると1コースの1着率は69.4%になるので、実力のある選手だと無難なレース展開に持ち込みやすいです。
向かい風6m以上になると1コースの1着率は50%を切ります。好条件が揃うと内枠の信頼度が非常に高いです。
人気も内枠に集中するので、波乱が起こると高配当が起こりやすく、全体的に中波乱は少なくガチガチと大波乱の極端な配当が出やすいです。

参考元:http://www.boatrace-db.net/stadium/ccourse/pid/16/

主な開催レース

  • 周年記念(G1) キングカップ
  • 企業杯(G3) シモデンカップ

SG開催実績

1968年 第14回モーターボート記念競走(中止)
1981年 第16回総理大臣杯競走
1994年 第40回モーターボート記念競走
1996年 第23回笹川賞競走
1999年 第34回総理大臣杯競走
1999年 第45回モーターボート記念競走
2001年 第4回チャレンジカップ競走
2004年 第7回チャレンジカップ競走
2008年 第43回総理大臣杯競走
2011年 第21回東日本大震災被災地支援競走・グランドチャンピオン決定戦競走
2012年 第15回チャレンジカップ競走
2017年 第52回ボートレースクラシック

児島の定期開催レース
季節ごとの特別競走

・岡山県モーターボート選手権大会(正月)
・鷲羽杯競走(ゴールデンウィーク)
・天領杯競走(お盆)