【ボートレース若松】ナイター専門のレース場の攻略方法

若松競艇場は福岡県北九州市にあるナイター専門の競艇場です。海を使った競艇場の中では水面は穏やかですが風の影響を受けます。基本はインコース有利ですが、向かい風が強くなった場合は割引が必要などデータから攻略法を分析しました。

若松競艇場の基本情報

若松競艇場のトップページ画像

若松競艇場(ボートレース若松)は福岡県北九州市若松区赤岩町にある競艇場です。
1952年に開設されて、現在のSG競走の始まりとも言える全日本選手権競走が初開催されたことから「競艇ダービー発祥の地」と呼ばれています。

2008年より全国2番目の通年ナイター場になりました。
アクセスは各線奥洞海より徒歩4分。最寄駅までは博多から在来線で40分ほど。小倉より無料バス(30~40分)が出ています。

大型の無料駐車場も用意していますが、高速道路利用の場合はインターから少し遠いです。
施設は大型イベントホール、フェニックスステージなどがあり、広くて綺麗です。ロイヤル席は1,000円でフリードリンクが付いてきます。
飲食店の評判もよく、1本120円のホルモン串、450円の焼きうどんをはじめ博多ラーメン、焼き鳥、唐揚げなど九州ならではのお店が多いです。

若松競艇場の特徴

洞海湾と直結した海水で海の扱いになるコースです。水位の変動はありますが海からは少し離れているため潮の満ち引きで水位の変わる競艇場の中では水面が穏やかです。
冬になると海が荒れるのでレース水面も荒れやすくなります。海面は穏やかですが風が強いこととナイター専門になった影響でインコースが強いです。
2017年度より周回展示で独自の直線タイム(1マーク出口からの直線120mのタイム)が発表されるようになりました。
直線タイプはモーターの状態を表していて結果に直結すると予想師から重要な指標に捉えられています。

コース別成績
(2017.9.1~2018.8.31)

勝率 1着率 2連対率 3連対率
1コース 8.08 56.9 % 75.4 % 84.0 %
2コース 5.65 15.5 % 40.2 % 58.1 %
3コース 5.27 10.8 % 32.7 % 55.2 %
4コース 4.83 9.3 % 26.7 % 47.2 %
5コース 4.12 5.5 % 17.9 % 35.8 %
6コース 3.06 1.9 % 7.6 % 20.6 %

基本はインコース有利ですが、向かい風6m以上になると1コースの1着率が43.6%に落ちます。
荒れた水面になるとセンターからアウト側が有利になります。
4コースは1着率10%、3連対率50%を切っているので内側3コースで決着する堅いレースが多いです。

ナイターの特性から、照明が付いて日没後に行われる18時過ぎになると、さらにインコースが有利になります。
いかに外枠から3着以内に入るレースを見極めるかが若松で稼ぐためのコツです。

参考元:http://www.boatrace-db.net/stadium/ccourse/pid/20/

主な開催レース

  • 周年記念(G1) 全日本覇者決定戦
  • 企業杯(G3) JR九州ビートル杯争奪戦競走

SG開催実績

1953年 第1回全日本選手権
1959年 第5回モーターボート記念 1960年 第7回全日本選手権
1965年 第11回モーターボート記念
1984年 第30回モーターボート記念
1997年 第43回モーターボート記念
1999年 第4回オーシャンカップ
2000年 第46回モーターボート記念
2002年 第7回オーシャンカップ
2004年 第9回オーシャンカップ
2005年 第51回モーターボート記念
2006年 第11回オーシャンカップ
2008年 第54回モーターボート記念
2009年 第14回オーシャンカップ
2013年 第18回オーシャンカップ
2014年 第60回ボートレースメモリアル(MB記念)
2017年 第63回ボートレースメモリアル(MB記念)
2018年 第23回オーシャンカップ

若松の定期開催レース
季節ごとの特別競走

・正月特選競走(正月)
・GW特選競走(ゴールデンウィーク)
・お盆特選競走(お盆)

企画番組

5Rに進入固定競走を行っています。
2013年までは様々な企画番組を用意していましたが、現在は進入固定競走を除いて廃止されています。