ボートレース尼崎の特徴-高速ターンでの逆転に注目!

尼崎競艇場のアクセス、グルメ、見所の施設概要と、インコース有利だけど風が強いと成績の落ちるなどコースデータのピックアップポイントをまとめています。鉄板条件や適正の高いレースを見極めて効率的な予想を行いましょう。

尼崎競艇場の基本情報

尼崎競艇場のトップページ画像

尼崎競艇場(ボートレース尼崎)は兵庫県尼崎市にある競艇場で最寄駅は阪神電鉄本線の尼崎センタープール前駅です。

改札を出たら専用スロープを使って徒歩3分で行ける立地で、JR立花駅と阪急塚口駅から無料バスが運行されています。駅名になっている尼崎センタープールは競艇場のことで、別にセンタープールという施設があるワケではありません。
もともとは土地改良するために作られた人工池で、一度埋め立てをする議論も出ていたところを競艇場として再開発して1955年にオープンさせた歴史を持ちます。

ボートレースの聖地と呼ばれる住之江競艇場とも近いことから、開催日を被らせない配慮をして日程を組んでいます。
施設は広いけど古くて、タコの変わりにコンニャクと桜えびを入れた多幸焼(100円)など、昔ながらの名物料理を提供するお店が多数あります。
おでん200円、焼きそば300円など食事のコスパが高くて、屋外には大きなイベントステージを用意されています。

尼崎競艇場の特徴

もともとが人工池で水質は淡水。硬さがちょうどよくて癖が少ないです。
広いので1コースからでも少し膨らんで1マークに進入できるので、イン側が有利なコースです。
癖がないコースで高速ターンによる逆転が決まりやすい一方で、イン側からでもスピードを出した進入で大きく膨らケースが多く、そこを後続の選手が差して大波乱が起こることも度々見られます。

コース別成績
(2017.9.1~2018.8.31)

勝率 1着率 2連対率 3連対率
1コース 8.03 56.8% 74.4% 83.3%
2コース 5.44 14.0% 37.1% 55.5%
3コース 5.21 11.2% 32.0% 51.8%
4コース 5.16 11.4% 30.5% 52.2%
5コース 4.17 5.2% 19.2% 37.9%
6コース 3.03 1.5% 7.4% 20.4%

インコース有利な傾向が顕著に現れています。
風が強いと1コースの成績が落ちるデータがあり、特に追い風6m以上で1着率46.1%、波高6cm以上で43.1%に落ちるデータが目立ちます。
ただし、いずれのケースも3連対率は80%を上回っているので、コンディションの悪い日は1コースを1着軸にしずらい一方で3連単、3連複の舟券には絡めておきたいところです。

インコースからでもスピードを乗せて1マークに進入しやすいので、実力のある選手が1コースに入った時の期待値が高く、優勝戦になると1コースの1着率が79.4%まで上昇します。
6枠以外はそのまま枠なり進入を選ぶことが多く、3対3のスタートでそのまま内枠が先行してしまうレースが多いです。

参考元:http://www.boatrace-db.net/stadium/ccourse/pid/13/

主な開催レース

  • 周年記念(G1) 尼崎センプルカップ
  • 企業杯(G3) FM OSAKA杯

SG開催実績

1957年 第3回全国地区対抗競走
1967年 第14回全日本選手権競走
1987年 第14回笹川賞競走
1991年 第38回全日本選手権競走
1997年 第7回グランドチャンピオン決定戦競走
2001年 第36回総理大臣杯競走
2001年 第6回オーシャンカップ競走
2002年 第29回笹川賞競走
2004年 第31回笹川賞競走
2009年 第56回全日本選手権競走
2011年 第38回笹川賞競走
2012年 第17回オーシャンカップ競走
2014年 第49回ボートレースクラシック(総理大臣杯)
2015年 第50回ボートレースクラシック
2016年 第43回ボートレースオールスター(笹川賞)
2018年 第45回ボートレースオールスター(笹川賞)

尼崎の定期開催レース
季節ごとの特別競走

・六甲賞競走(ゴールデンウィーク)
・オール兵庫王座決定戦(お盆)